上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
ボンジョルノ!

  明日、16日の「衆議院本会議」にて圧倒的多数で「安保関連法案」は成立の運びです。当方の予測では8月17日のお盆明け初日としていました。明日は「朔」の日、つまり「新月」です。 昨年の5月にイスラエルの巨魁、N氏が密かに来日して約1週間ほど滞在しましたわりにはメディ屋を通じてあまりいろいろが伝わってきませんでしたが、ひょっとしたら「国家的に重要」イベントしイスラエルに倣って「新月」の時に行なったらよい・・・1?くらいのアドバイスはしたのでしょうか!?

  ところで、日本の「建国記念日」は毎年2月11日と陽暦では決まっていますが、多分BC660年の時の2月11日は「朔」だったことでしょう!? 次にやってくるのは8月6日のヒロシマのメモリアルデー、そして9日のナガサキ・メモリアルデーに続いて15日の「終戦の詔勅」記念日とホットサマーの重要イベントが3回ありますが、たぶん大荒れになること充分予測されます。ことに8月15日は次の「朔」日ですし・・・。

  さて、伊勢神宮の遷宮の儀は2013年の「巳年」の10月に斉行されたのはご周知のとおりですが、今回は2回前の1973年の時と同じ、
「金の座」への遷座です。そしてそれと相前後して「第4次中東戦争」が発生して、続いて「オイルショック」が世界のエネルギー需要に多大な犠牲を強いましたし、それからは「ソ連のアフガン侵攻」、イラン「イスラム革命」、イランーイラク戦争、レバノン内戦と続々と中東域での戦争が起こりました。今日、繰り返すまでもなく中東はすでに紛争の只中です。金の坐はこように「外国の出来事」が日本に波及してくるという「宿命」にあります。

  それらが陰に陽に日本に伝播して、狂乱物価などで大騒ぎになりました。この時は経済的な苦境たに限られたのですが、これからは
経済、軍事、政治、外交の国家の存立が掛る重要なイシューに数々の難問が押し寄せてくること必至です。その舞台のシナリオが今回の国会で脚本されたようです。1868年の「明治改元」で維新となりましたが、2015年7月16日を「平成維新」として、これから辛く、悲劇的な歴史がアーカイブされていくのでしょう!?
 チャオ!:.

スポンサーサイト

2015.07.15 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。