上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
ボンジョルノ!

  くどいほど荒れる羊年について掘り下げてみると、5月11日、宇高連絡船「紫雲丸」が貨物船と瀬戸内海で衝突、小中学生168人死亡、7月28日は津市の女子中学生41人が水練中に事故溺死、これはちょうど10年前の昭和20年7月28日の米軍の空爆があり、その時に死亡したとされる女子学生の焼死体を身元不明としてブルドーザーで津海岸に投げ込んだという史実があり、「ムー」も取り上げた、その怨念の結果とも予測される。

  10月13日、米軍砂川基地の拡張工事が砂川町に架かるということから、学生と労組の連合デモ隊と警察が衝突して多数の負傷者が出た事件で、これが「基地と憲法」の解釈論争に発展し、最高裁の「平和憲法」の在り方についての判決が、60年後の国会での「安保」についての憲法の解釈論争の引き合いにだされています。 そして秋には「森永粉乳事件」が発生して全国に多数の中毒患者が出たというニュースもありました。

  この基地と憲法解釈は60年後の今日、普天間の辺野古への移転問題と「安保の集団自衛権(圏)」と憲法解釈という具合にやや状況は変わりましたが、根幹は同じと観ることができます。60年というのは東洋暦でいう「還暦」つまり「時置師の星、土星周期30年」これが陽30、陰30年の60年で「振り出しに戻る」ことを意味していますが、この世(時)とあの世(空)を管理する土星のカルマは怖ろしいものを感じます。

  このことを以前にブログしたかどうか覚えがないのですが、太陽ド、水星レ、金星ミ、地球ファ、火星ソ、木星ラ、土星シで音階7音が完成しますが、成長解脱出来れば、次のり高度の天王星、オクターヴ上のドにジャンプできますが、人生をまたやり直さねばならない人はもう一度太陽のドに再生して行かねばならない、そしてまたレ、ミ、という具合に年を重ね(音階上昇)するというカルマを辿ります。  土星の輪が増えたり減ったりしていることはすでに観測されていますが、あれは「氷塊(魂)」で再生に太陽へ逆戻りしたか、解脱して天王星へジャンプしたかで数の増減があるのでしょう? 2年くらい前の「ムー」には土星のが外辺に巨大な葉巻型の宇宙船が発射口のような所から氷塊を吐き出しているグラビヤが掲載されていました。

  ということですが、120年前は1895年、前年8月1日に始まった日清戦争の最中でした。この戦争での死者よりも「白米病の脚気」で死んだ兵士の方が多かったというオマケまでついています。軍医であり作家だった森鴎外はパラ・ワールドで脚気死した兵士に取り囲まれて難詰されているかも!?です。

  まもなく、羊年後半が始まりますが、冷や汗が流れてくるような出来事があるいは?の予感がします。
 チャオ!

スポンサーサイト

2015.06.24 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。